ブサイクでもモテる秘訣

ブサイクでもモテる秘訣!!!

ブサイクな俺でもモテたポイントは博識と優しさ。

ちょっとした不思議、何故こんなに国があるのか!?星に1つの国ではダメなのか!! 

みなさんは、何故地球には国がたくさんあるかを考えたことがありますか?

いま現在では、国連からみると193ヵ国、日本政府が承認している国は196ヵ国となっています。

 

いまでも、多くの国ができたりなくなったりしています。
宗教が違うかったり、人種が違かったり色々あるでしょう。

 

そこで少し質問します。
何故、多くの国があるのかを知っていますか?

f:id:motetai2323:20190430123657p:plain



争いによって多くの国が分裂した経緯があります。


考え方や価値観、信じるものが違うだけで国が違うことが多いのです。
国が1つだったらもっと良くなるのではと思ったもします。


星に1つだけだとしたら、もっと地球が幸せになるのでは?
争いや貧困が少なくなるのでは?

誰もが、利益やもっといい暮らしを求めて、ちょっとした考え方の違いから、枠を作っています。それが大きくなった結果がいまの国でしょう。

 

面白いことに、戦争や争いをなくそうとして、争っているのが現状なのです。
人は特に、集団生活をしないと生きれない生き物であり、異物を嫌う傾向があります。

黒人が迫害されたり、ユダヤ人が迫害されたりしたのは、考え方や見た目が違うだけだったからです。日本でも、外国の人は人肉を喰らうともいわれていたくらいです。

 

もしかしたら、数百年、数千年後には星に1つの国になっているかもしれません。

モテる男はスマートである!!モノゴトを決める力をつける3つの方法!!

みなさんは、モノゴトに対してスマートですか?

 

例えば、女性がお手洗いにいっている間にお会計を済ませたり、食事のメニューを先に決めたり、ドアを開けたり。

1つ1つの行動がスマートなのです。モテる男には必須スキルともいっていいでしょう。これは、決断力があるから出来ることでもあるのです。

 

なので今回は、どのようにしてその決断する力をつけていけばいいのかを紹介します。

f:id:motetai2323:20190331093016j:plain

【1.3秒ルール

モノゴトを決めるときに3秒以内にと、自分の中で決めてみましょう。
そうすることで、思考がどうやったら3秒以内で決めれるかなと変化していきます。

 

時間はかかりますが、まずは3秒で決める練習をしましょう。
日常のどんなことでも練習できます。

 

例えば、食事でメニューを選ぶとき、今日の着る服、コンビニで食べ物を選ぶとき。
毎回繰り返すことで、徐々に決断するスピードが速くなっていきます。

 

【2.迷ったらやる】

やるかやらないかで悩んだら、まずはやりましょう。
いくら悩んだところで、答えは出にくいものなので、行動しながら答えを見つけていくくらいが丁度いいのです。

 

なので、どちらか迷ったらやるほうを選択しましょう。
そうして、行動することで決断せざるえない状況に自分を置けば、おのずと決める力がついていくものなのです。

f:id:motetai2323:20190421221558j:plain

【3.決断する回数を減らす】

1,2が順調にできてきたら、決断する回数を減らしましょう。

 

決断すればするほど、疲れが発生し、決断力が鈍ります
分かりやすく言うと、毎回決断するごとに体力を使っていると思ってくれていいです。


なので、自動化できるものは自動化し、決断することを少しでも減らして、デートなどの重要な場所でサっと決断をできるように力を残しておきましょう。

 

【さいごに】

決断をする力をつけて、スマートな男になりましょう。
これは、恋愛以外でも活用できることが非常に多いので、使っていくことをオススメします。

モテ技術の発信、権藤優希のYoutube!!モテたいならまず見ろ!!

みなさんは、Youtubeをみていますか?

 

多くの人が見ているでしょう。様々な有益な情報もあるので、私は情報収集につかってもいます。

 

そこで、今回オススメするのは、モテモテ塾主宰者でもある権藤優希氏のYoutubeチャンネルです。

 

モテに関してのコンテンツが多く、今日からでも実践できるのがオススメです。

 


モテる男性とモテる女性の特徴【モテる秘訣第1弾】

 

自己紹介で印象を与えるコツだったり、トークが苦手な人でもその場を盛り上げれるコツだったり、男性女性の見られているポイントだったり多種多様です。

 

見た目の取り入れやすい部分から、話し方だったりの技術的な面、時間のかかるメンタルの部分もしっかりあるので、自分が取り入れれるところから試してみるといいでしょう。

 


【会話下手な人必見】会話が苦手な人でもできる盛り上がる会話術

世界は嘘でできている!?嘘を信じたから今がある!!

みなさんは、嘘と聞いたらどう思いますか?

 

ついてはいけないもの!!と思う人が多いでしょう。

しかし、この世の中は嘘で溢れているのです。

 

では、どういうことか見ていきましょう。

f:id:motetai2323:20190909004402p:plain

【お金には価値がない??】

どういうこと?と思う人が多いでしょう。

 

しかし、昔はお金という概念は存在していません。

物々交換を便利にするために、できたものです。

 

考えてみれば、数円で印刷できる紙切れです。

価値を知らない人に渡すと、捨てるのが普通でしょう。

 

最初は石や貝殻がお金となっていた時代があります。

いまは紙に価値を持たせようとみんなが信じた結果なのです。

 

宗教も同じともいえるでしょう。

神様が人を作ったという話や、アダムとイブの話も有名でしょう。

これも見方を変えると、信じ込ませたい嘘があったのです。

 

こう考えると世界の見方も少し変わって面白いのかもしれません。

第2回権藤優希講演会!!目標達成のコツはこれだ!!

昨日は権藤優希氏の2回目になる単独講演会に参加してきました。

 

非常に楽しいものになったので、ほんの少しだけ詳細を紹介します。

今回は、自分で決めることをメインに目標を達成するコツを話してくれました。

 

そもそも、権藤優希氏という人がどんな人か分からない人もいると思うので、会社のURLを見てみてください。

seemanage-inc.com

 

f:id:motetai2323:20191021235720p:plain

今回の公演では目標達成をするためのポイントを教えてくれました。

ちょっと掻い摘んで紹介します。

 

ステップが1~6まであります。

①知る

こんな状態になりたいと、まず知ることが大事

②メンター

その状態になっている人から、まるパクリをする

③環境

やらざる得ない場所に身を置いたり、仕組を作る

④目標設定

いつまでにという期日や数字を決める

⑤実践

目標に向かって行動する

⑥軌道修正

目標に向かっているかを確認し、ズレていたら修正をかける

 

【さいごに】

分かっているけど、やっていないことが非常に多いなと実感しました。

コツコツと小さなことを積み重ねることで自信がついて、自分で決めることができるようになるので、まずは日々の積み重ねを意識することをオススメします。

モテる男の言葉には力がある!!言葉に責任を持とう!!

みなさんの言葉には力がありますか?

 

ピンとこないのなら、自分が話した言葉に責任をとっていますか?

多くの人は、その場しのぎの言葉になっていないでしょうか?

 

私も、その場を乗り切るために適当な言葉をよく発していました。

しかし、それではモテないのが現状です。

f:id:motetai2323:20190802183430j:plain

言葉には非常に強い力があります。

 

相手を欺いたり、何となくで話していると非常にもったいないです。なので、本当に自分の心の底から思っていることを話すようにしましょう。

 

そうすることで、少しづつですが、言葉に力が乗ってくるようになります。

あの人の言葉は信頼できるようになるのです。

 

そうなると、恋愛でも仕事でも非常に良好になれ、自分にもストレスがなくなります。

なので、自分が発した言葉にきちんと責任をとっていきましょう。

時間管理のスペシャリスト石川和男が語るオススメ本!!権藤優希の自分で決める!!

時間管理の専門家 石川和男氏という方をご存知でしょうか?

 

平日は建築会社総務経理担当部長として勤務をしつつ、その他の時間に大学講師、時間管理コンサルタントセミナー講師、税理士と5つの仕事を掛け持ちしている時間管理の達人です。

 

時間のスペシャリストである石川氏が権藤優希氏の「自分で決める」という本をオススメしていました。

 

 

おすすめ本 紹介 「自分で決める」#150

 

この本は、たとえ話もふんだんに入っており非常に読みやすかったです。

ビジネス書を初めて読む人でも抵抗なく読めるでしょう。

 

モテるためにも知識は必須なので多くの情報収集していきます。

自分で決める。 ―すべてがうまくいく最強の力―

自分で決める。 ―すべてがうまくいく最強の力―

  • 作者:権藤優希
  • 出版社/メーカー: きずな出版
  • 発売日: 2018/10/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)